University of Toyama, Faculty of Humanities, Department of Psychology

心理学教室について

現代の心理学は,心と行動の科学といわれ,その研究領域は極めて広範囲に及びます。本コースは教育目標として,「心理の専門家に必要とされる基礎的能力の養成」を掲げています。そのためにさまざまな研究技法(実験・調査・検査・面接・データ分析など)の修得には特に力を入れており,少人数での充実した体験的学習を展開しています。また,認知・社会・臨床など心理学の各分野にわたる講義や演習の授業を行い,心理学の理論や方法について広く学びます。授業では日常生活上の問題を取り上げ,討論等の機会を充実させるなど,応用力やコミュニケーション能力の強化も図っています。学年が進むにつれて, 実験室での緻密な研究や,教育・産業等多様なフィールドにおける調査や行動観察および臨床実習も可能となります。本コースでの学びを通して,人間の心のメカニズム(しくみ)を正しく理解し,心を多面的にとらえる目を養い,行動を的確に予測するための心理学的洞察力が深まることが期待されます。(本コースにおいて「認定心理士資格規則」に定められた科目を履修し,必要単位を修得すれば,日本心理学会による「認定心理士」の資格を取得することができます。)