キャンパスライフ

キャンパスライフ

学生生活

学生

人文学部は、富山大学のなかでも、最も学生と教員のつながりが深い学部といわれています。

とくに、2年次以降は、それぞれのコースに所属し、コース単位で活動することが多くなります。コース単位で研修旅行や合宿に行くなど、教室での勉強以外の学びの場が設けられていて、楽しく充実した学生生活を送ることができます。

人文学部の校舎には、学生のためのリフレッシュ・スペースが設けてあります。多くのコースでは、演習室や実験室を学生に開放しています。授業のない時間や昼休みには、各コースの演習室でお弁当を食べたり、お茶を飲みながら休憩している学生の姿が見られます。

五福キャンパス内には、附属図書館のほか、書籍や日用雑貨を扱う生協(購買部)や学生食堂、銀行のキャッシュ・ディスペンサーや郵便局のATMもあり、便利に日々の学生生活を送ることができます。

在学生・卒業生メッセージ

取得できる資格・免許等

人文学部

  • 中学校教諭1種免許状(国語・社会・英語・ドイツ語・中国語・ロシア語)(※1)
  • 高等学校教諭1種免許状(国語・地理歴史・公民・英語・ドイツ語・中国語・ロシア語)(※1)
  • 学芸員
  • 社会調査士(※2)
  • 認定心理士

(※1)中国語、ロシア語については、令和3年度以降入学者は取得できません。ドイツ語については、令和4年度以降入学者は取得できません。
(※2)令和6年度以降入学者は取得できません。

大学院

  • 中学校教諭専修免許状(国語・社会・地理歴史・公民・英語・ドイツ語・中国語)(※3)
  • 高等学校教諭専修免許状(国語・社会・地理歴史・公民・英語・ドイツ語・中国語)(※3)

(※3)中国語については、令和3年度以降入学者は取得できません。ドイツ語については、令和4年度以降入学者は取得できません。

公認心理師試験受験資格

富山大学人文学部心理学コース(※4)では、令和4年度入学生より、公認心理師試験受験のための指定科目を開設します。学部と大学院とで必要な科目を履修することにより、公認心理師の受験資格が得られます。学部で必要な科目を履修した後、法令で定められた施設で実務経験を積むことによっても受験資格が得られます。

(※4)人文学部では、コースへの進級時に選考があります。心理学コース生以外も、心理学の授業を履修できますが、演習や実習を含めた公認心理師科目をすべて履修するためには心理学コースへの進級が必要となります。

日本語教育学関係科目履修証明

人文学部で独自に定める規定に従って科目(30単位以上)を履修した場合、「日本語教育学関係科目履修証明」(※5)を発行しています。これは、日本語教育に役立つ内容の科目を履修したことを人文学部が証明するものです(「免許」ではありません)。詳しくはこちら(言語学コースのページ)をご覧下さい。

(※5)令和3年度以降入学者は取得できません。

リフレッシュ・スペース
リフレッシュ・スペース
学生対応窓口
学生対応窓口

他の大学で修得した単位の認定について

1.金沢大学人間社会学域人文学類及び国際学類との単位互換について

原則として、金沢大学人間社会学域人文学類及び国際学類の科目を、単位互換の対象として、2年次から履修できます。ただし、「卒業論文」、1年次向けの科目、資格取得のための科目(教職科目)など、また『シラバス』等で対象外と指定している科目は、単位互換の対象とはなりません。単位互換で修得できる単位数の上限があります。

2.1以外の場合

他の大学(短期大学を含む)、または外国の大学(短期大学を含む)で修得した単位は、申請により本学部の専門科目の単位とすることができます。

※詳細については、教務担当事務にお問い合わせ下さい。

履修・成績登録等

授業料・奨学金・免除等について

証明書の発行について

休学・退学・復学について

その他

University of Toyama School of Humanities

follow us

ページTOP