ホリデイ・トレッキング・クラブ

メンバー紹介

文化人類学とは? 

 世の中、ところ変われば話す言葉も、挨拶の仕方も、食べるものも、喜怒哀楽の表現の仕方も変わってきます。現代のように変化の激しい時代では、世代によってもこうした違いが見られます。”文化”というのは、ごく簡単に言えば、このように意識される違いの総体のことです。”文化人類学”とは、人間が創りだすあらゆる文化のことを、実際に現地に赴いて調査(フィールドワーク)することを積み重ねながら深く知る学問です。

 多様な文化を深く知ることは、私たちが生きるこの社会を反省的に振り返るための契機をもたらします。文化人類学は、グローバル化の進む現代社会を生きる私たちすべてにとって必要不可欠な視野を得るのに、大きな助けになります。


本研究室を志望するみなさんへ

※ 富山大学人文学部の文化人類学分野は、社会文化講座を構成する4つの分野のなかのひとつです。

 富山大学の文化人類学研究室では、講義やゼミ形式の演習を通じて、文化人類学的なものの見方を身につけてもらうことを目指します。「自分たちとは異なる人びと」を理解するために発展してきた文化人類学は、私たちの社会を理解するためにも大変役に立つ、と私たちは信じています。

 本研究室の教育活動のもうひとつの目玉は、「フィールドワーク」です。文化人類学的なフィールドワーク(現地調査)では、「私たち」と異なる文化を生きる人びとの営みを具体的に、深く”わかる”ことを目指します。みなさんには、調査実習や卒業論文を通じて、積極的にフィールドワークに取り組んでもらい、自分なりの「問い」を発見し、それについて本気で考えてもらうことを期待します。フィールドワークといっても、必ずしも外国で行う必要はありません(可能であればそれも得がたい経験になるに違いありませんが)。むしろ、身近なところに「不思議」を発見できる感受性の持ち主の方が、学生時代のフィールドワークには向いているかもしれません。

カリキュラムはこちら

本研究室の沿革についてはこちら(旧HPからの転記)
本研究室の創立25周年記念行事についてはこちら(旧HPからの転記)


大学院について 

 大学院への進学を希望する方は、(なるべくなら受験手続をとる前に)当研究室スタッフにコンタクトをとってください。
 メールアドレスは、anthro[at]hmt.u-toyama.ac.jpです。
 ([at]を@に直して入力してください。)


卒業生のメッセージ 

※ ただいま準備中です。

あなたも参加しませんか?
あなたも参加しませんか?