考古学コースで学べること

考古学コースの授業

考古学コースでは、次のような授業が開講されています。
(黒崎・高橋両教員が担当する授業を紹介します。ただし一般教養の授業は含みません。)

                 

歴史学入門
<前期に開講/1年生対象>

考古学概論
 考古学とはどんな学問なのか、各時代の特色など、基本的な事を学びます。
<後期に開講>

考古学基礎演習
<後期に開講/1・2年生対象>

考古学実習
 考古学を学ぶ上で必要な技術を身につけることを目的とした授業です。主に測量技術や、製図、その他発掘調査に必要な技術を勉強します。
<前期・後期に3時限続きで開講/2・3年生対象>

考古学演習
 研究論文を読むことや、発掘調査報告書の作成を通して考古学の研究方法について学ぶ授業です。
 「考古学実習」は身体で覚えることをとくに重視するのに対し、こちらは自分の頭で考えることも重要になってきます。
<前期・後期に開講/3年生対象>

考古学購読
 英語で書かれた論文を読むことで、海外の考古学研究について学習します。
<前期・後期に開講>

考古学特殊講義
 「考古学概論」よりも、専門的な内容を取り扱います。ある一つの研究分野にテーマを絞り、詳しく学びます。
<前期・後期に開講>

授業関連の学習・研究活動

その他にも、授業と関連して色んな形で考古学を学んでいます。

研究室旅行
 毎年6月下旬に研究室旅行があります。この旅行の主旨はコースの仲間の親睦を深めると言うよりは、重要な課外学習の場です。
 遺跡や博物館を巡り、実際に発掘に携わった調査員の方の解説を聞くこともできます。
 2・3年生はこの旅行の「パンフレット」作りを通して、報告書の見方や考古学の研究方法を学びます。

測量調査・発掘調査
 実は、考古学コースを設けている大学が必ずしもそのコースの活動として調査を行っているわけではありません。富大では、夏休みに調査を行います。                       最近では古墳の測量調査を行っています。
 地面を掘るだけではなく、測量や図面をとることも重要な調査です。学生はそれらを通して技術と経験を身につけていきます。
 調査終了後、3年生は報告書を作ります。

分布調査
 現地を歩き、土器などの遺物を採集することを通して、遺跡などを発見し、また遺跡の範囲を確定するのが分布調査です。近年では、2006年春に富山県南砺市で実施しています。

考古学コースって何? 考古学コースで学べること 卒業後の進路 在学生の声 早く勉強したい人へ コースの写真
考古学コースを目指す皆さんへ トップページ