研究室のとりくみ

考古学は遺跡や遺物を手がかりに、過去の人類の生活や技術、文化、交流、社会などを研究する学問です。
扱う時代は旧石器時代から近世までが中心です。本コースでは主に日本の考古学について学ぶことができます。文化財の専門職員や学芸員等に必要な調査技術及び専門知識の習得を目指して、フィールドワークや実習などの授業にとくに力を入れています。

 富山大学人文学部考古学研究室は、1979年に創設されました。開設以来20年以上にわたって、発掘調査及び測量調査や分布調査、研究室旅行(遺跡の実地研修)を実施してきています。
 とくに、夏季に行われる調査は、測量技術と発掘技術、また基礎考古学の習得を目的にし、さらに測量・発掘報告書の作成を通じて論理能力を育成するもので、考古学研究室でもっとも大きな仕事ともいえます。このように、実地、実践的な取り組みをするところに富山大学の大きな特徴があります。

 人文学部の専門コースへの進学は2年生の前期からですが、考古学をしたくて待ちきれず、1年生から出入りする学生もいます。
毎年10名程度の学生が入ってきますので、大学院生も含めて、研究室には総勢30人ほどのメンバーがいます。
 「3年次編入学」と「社会人入学」も実施しています。

トップページ お知らせ 研究室のとりくみ 教員の紹介 写真日記 調査のあゆみ 考古学コースを目指す皆さんへ 卒業生の皆様へ