「遊び」についての文献目録


事典・目録

山田敏編著、1996、『遊び研究文献目録』 日本レクリエーション協会監修, 増田靖弘[ほか]編集、1989、『遊びの大事典』

「遊び」全般

カイヨワ、清水幾太郎,霧生和生訳、1973、『遊びと人間』 J.ホイジンガ、里見元一郎訳、1989、『ホモ・ルーデンス: 文化のもつ遊びの要素についてのある定義づけの試み』 井上俊、1977、『遊びの社会学』 副田義也、1977、『遊びの社会学 : ニュー・ジェネレーション研究』 井上俊・上野千鶴子・大澤真幸・見田宗介・吉見俊哉編、1995、『岩波講座現代社会学20 仕事と遊びの社会学』 M.チクセントミハイ、今村浩明 訳、1979、『楽しみの社会学: 不安と倦怠を越えて』 寒川恒夫、1995、「遊び」
川上和久、1991、「あそぶ−遊びと現代社会」 岡敬三[ほか]編、1976、『遊びの研究』 Ellis, Michael J.、森楙[ほか]訳、1985、『人間はなぜ遊ぶか : 遊びの総合理論』 薗田碩哉、1983、『遊びの構造論』 西村清和、1989、『遊びの現象学』 ジャック・アンリオ、佐藤信夫/訳、1974、『遊び−遊ぶ主体の現象学へ−』 門脇厚司、1982、『遊びの考現学−根拠地としての遊び精神』 井上俊、1973、「遊びの思想」 別宮貞徳、1986、『「あそび」の哲学』 井上俊、1981、『遊びと文化 : 風俗社会学ノート』 薗田碩哉、1996、『遊びの文化論』 大前研一、1988、『遊び心: playful mind』

「遊び」と日本人/日本文化

多田道太郎、1974、『遊びと日本人』 生活文化研究所編著、1992、『遊びと日本人: その空間と美意識』 守屋毅編、1989、『日本人と遊び』

レジャー

岡田至雄、1982、『レジャーの社会学』 Jary,Dabido Horne,Jhon 清野正義・山下高行・橋本純一編、1995、『スポーツ・レジャー社会学−オールタナティブの現在』

余暇

加藤秀俊、1984、『余暇の社会学』 松原治郎編、1977、『余暇社会学』 瀬沼克彰、1977、『余暇の社会学』 佐橋滋 編、1979、『現代「余暇」の研究: 80年代のライフ・スタイルを探る』 一番ケ瀬康子, 薗田碩哉, 牧野暢男、1994、『余暇生活論』 杉座秀親、1995、「余暇とライフスタイル」 長谷川精一、1992、「しごとと余暇」 恩田守雄、1991、「余暇の社会科学: 余暇学の構築を目ざして」 鷹取昭、1991、「自由時間の増大と家族余暇」

子どもと「遊び」

久保田浩、1984、『子どもと遊び : 遊び研究入門』 Piaget Jean、大伴茂/訳、1988、『遊びの心理学−幼児心理学 2−』 大場牧夫[ほか]著、1982、『「 遊び」とは何だろう』 久保田浩、1973、『あそびの誕生』 小川捷之他、1982、『遊び』 住田正樹、1992、「子どもの遊び文化の変容に関する一考察」 岩見和彦、1994、『<物語消費>としての都市遊び:余暇社会における青年文化』 下山田裕彦,結城敏也/編著、1991、『遊びの思想−遊び理解と人間形成−』

実態調査・意識調査

NHK世論調査部編、1991、『現代日本人の意識構造[第三版]』 NHK世論調査部編、1991、『現代日本人の意識構造[第二版]』

「遊び」と経済活動

森谷正規、1984、『遊ビジネスの時代: 先端技術がひらく遊びの世界』 橋本 和孝、1995、「レジャーと消費」
戻る