University of Toyama, Faculty of Humanities, Department of Psychology

坪見研究室では脳波実験参加者を募集しています。ゲームのようなもので簡単にできますので、お気軽にご応募下さい。

実験内容
記憶の実験に参加していただきます。パソコンの画面を観察して、どこに何色があるかを記憶している間の脳活動を脳波計で測定します。自分なりに一生懸命やっていただければ成績は問いません。参加者全体の傾向を見ますので、個人の記憶力がいい悪いが 分かることはありません。 脳波計は脳活動をただ計測するだけで、身体への危険はありません ので、安心して ご参加下さい。 データは匿名で統計的に処理され、個人情報が外部に漏れることはありません。
脳波実験にご参加頂くにあたって
・写真の脳波測定キャップを被っていただきます。 整髪料をつけないで来て下さい また、 顔には、両目の 横と右目の下の3箇所に、目の動きをモニタするための装置をつけますので、 化粧はされないか、実験室内でその部分の化粧を落としていただきます。3箇所以外は化粧 をされていても構いません ピアスは外して下さい。実験終了後には整髪料・化粧・ピアスなどをすぐにつけられます。
・測定のため、キャップの黄色い穴から透明なジェルを少量入れます(整髪料のジェルのようなものです)。実験終了後には、ジェルは出来る限り拭き取りますが、部分的に少量残ることがあります。 また、キャップを被っていただきますので、少々髪型がくずれる可能性があります。櫛を持ってきていただくと髪型が直しやすいです。気になる方がいらっしゃるかもしれませんので、その後に大事な予定がある場合にはご注意下さい。家に帰らずに授業に出る方もたくさんいます。 ジェルはご自宅でシャワーで流せばすぐに落ちます。 髪や皮膚に無害な市販のジェルを使います。髪の色が変わることはありません。
・メガネの方もそのままご参加いただけます。
応募条件
現在募集しているのは脳波実験7です。富山大学の学部生・大学院生ならどなたでもご参加いただけます。
実験にかかる時間
2時間30分です(実験自体は1時間程度で、残りは準備や謝礼の受け渡し等です)。
謝礼
実験終了後に3,000円分のクオカードを差し上げます。 受け取りに印鑑が必要です (忘れた場合は再度受け取りに来ていただくことになりますのでご注意下さい) 。クオカードが使えるお店の一覧は LinkIconこちら です。
実験日時・応募方法
LinkIconこちらのカレンダーから ご希望の日にちと時間を選んで予約し、あとは当日実験場所にお越し下さい。
実験場所
人文学部6階・坪見研究室に来て下さい。エレベーターを 降りた正面の部屋です。案内図は LinkIconこちら です。 開始時刻に遅れないようにお願いします (遅れた場合には、その時間には実験は受けられません)。
よくあるご質問
Q:脳波実験は怪しくないですか?危なくないですか?
A:脳波計は、脳が活動したときに生じる微弱な電流の変化を測定します。この電流の変化は日常生活でも生じているものです(非常に微弱なので普段感じることはありません)。脳波計測は、 心拍や血圧などの測定のようにただ記録するだけですので、脳波計から頭に刺激がされるなどは一切ありません。安心してご参加下さい。
Q:ジェルはどれくらい頭に残りますか?家に帰らないと外に出られませんか?
A:ジェルは、上の写真の黄色の箇所に少しずつ入れます。実験後はウエットティッシュでできる限り拭き取ります。外から見るとほとんど分かりません。就職の面接や大事なイベントのときには一度洗ってもらった方がいいかもしれませんが、家に帰らずにそのまま大学に居たり、授業に出る人もたくさんいます。髪が長い方は髪で隠れることが多いです。
Q:記憶力を人に知られたくありません。
A:実験のデータはすべて匿名化して保存しますので、個人の記憶成績が知られることはありません。実験は個人の成績を調べるのではなく、全体の傾向を見ます。一生懸命やってくだされば成績は問いませんので、安心してご参加下さい。
お問い合わせ
富山大学人文学部心理学教室 坪見研究室 E-mail: tsubomi@hmt.u-toyama.ac.jp(最初にhを入れて下さい)。携帯の方はパソコンからのメールが受け取れるようにお願いします。
お知らせ
坪見研究室ではさまざまな日程で心理学実験や脳波実験を行っております。実験募集開始のご案内はtwitterでお知らせしていますが、メールで案内差し上げることもできます。ご希望の方は、タイトルに「実験案内希望」とお書きの上、上記の「お問い合わせ」にあるアドレスにメールを送って下さい。本文は何も書かれなくてけっこうです。氏名等もお知らせいただく必要はありません。