University of Toyama, Faculty of Humanities, Department of Psychology

心理専門家としての資格について
1 認定心理士(日本心理学会認定)『心理学の専門家としての職務を遂行するのに必要な最小限の標準的、基礎的学力と技能を修得していると認定された人に与えられる資格』です(日本心理学会認定心理士資格申請の手引きより)。本コースにおいて「日本心理学会認定心理士認定資格細則」に定められた科目の必要単位を修得すれば、資格を取得することができます。認定心理士についての詳しい説明はこちらの日本心理学会のウェブページをご覧下さい。
2 臨床心理士(日本臨床心理士資格認定協会認定)『臨床心理学の知識や技術を用いて心理的な問題を取り扱う「心の専門家」としての資格』です(日本臨床心理士資格認定協会ウェブページより)。臨床心理士の資格取得については、学部卒業後、指定大学院修士課程の修了ならびに心理臨床経験を経て、資格審査に合格する必要があります。(本学部卒業生で取得実績有)臨床心理士についての詳しい説明はこちらの日本臨床心理士資格認定協会のウェブページをご覧下さい。
人文学部生として取得できる資格・免許
所定の科目を履修することにより、中学校・高等学校の教員免許状をはじめとした免許状や資格を取得することが可能です。詳しくは人文学部のウェブページを参照して下さい。
専門性を活かした卒業後の進路予想と実績(赤文字は心理学教室卒業生での実績あり)
1 進学本学あるいは他大学大学院修士課程(博士前期課程)に進学・修了後、他大学大学院博士後期課程に進学臨床心理士指定大学院修士課程に進学(第1種:修了することで受験資格,第2種:修了後,1年の実務経験で受験資格)
2 司法・行政関係国家公務員採用試験Ⅰ種・人間科学Ⅰ(心理系)あるいはⅡ種合格後、環境省・法務省・厚生労働省などの行政官、研究員、専門職員地方公務員行政職家庭裁判所調査官(裁判所職員(家庭裁判所調査官補)採用Ⅰ種試験)、裁判所事務官少年鑑別所などの法務技官(国家公務員採用試験Ⅰ種あるいは各少年鑑別所の採用試験)・法務教官(法務教官採用試験)警察官警察職員(警察官・警察職員採用試験)
3 福祉関係地方公務員上級(心理・福祉関連)児童相談所・保健所の心理判定員(地方自治体の採用試験)精神保健福祉士(養成施設で履修後、国家試験)
4 医療・教育・研究機関精神保健福祉センターの臨床心理技術者(地方自治体の採用試験)(大学院進学、修了後)精神科心理検査士心理療法士中・高等学校教員大学・短大などの教員
5 民間企業印刷・出版通信銀行人材開発・人事関連、労務関連、商品・ソフトウェア開発関連広告関連、調査会社、化粧品会社の研究員など