学生室近況

富山大学オープンキャンパス
  2013年8月6日富山大学にて行われたオープンキャンパスでの、高校生による演習室訪問の様子を載せています。

富山弁大会
  2013年6月に富山市の中央通りにある「てるてる亭」にて、第8回富山弁大会が開催され、私たち研究室のメンバーも参加してきました。その時の様子を載せています。ご覧ください。

庄川調査
 2008年7月より、富山大学、国立国語研究所、滋賀大学、天理大学合同の庄川調査がスタートしました。上は上平から高岡、新湊まで、富山県庄川流域の方々にご協力いただいています。現在も調査を続行中ですので、その一部を紹介します。
 (追記2009年2月をもちまして庄川調査は終了いたしました。)

 ここでは日本語学の学生が取り組んでいることや、学生のさまざまな体験談を紹介していきたいと思います。

伊東の国研訪問記
  日本語学研究室の院生である、伊東奈穂さんが国立国語研究所に訪れたときのことを紹介しています。国立国語研究所がどんなところなのか、知ることができます。

宮古島研修旅行
  2013年3月に沖縄県宮古島市へ行ってきました。宮古島で学生たちが経験したことや、発見したものなどを載せています。


中国(佳木斯・哈爾浜)研修
  2012年度末に中国の佳木斯(ジャムス)及び哈爾浜(ハルビン)に行ってきました。佳木斯では佳木斯大学の学生との交流を、哈爾浜では街中散策をしました。その様子をご覧ください。

・神通川調査
 2009年度、過去に行われた庄川流域調査との比較や、富山市と協力してシティプロモーションを成功させるため神通川調査がスタートしました。富山市では過去に何度も研究室の学生が調査に行っており、我が研究室の研究テーマである「ことば」はもちろんのこと、富山市と協力することでこれからの富山市の発展のためには何が必要かを調査する予定です。
 (追記2009年12月をもちまして神通川調査は終了いたしました。)

永森の佐原日記
  日本語学研究室の院生である永森理一郎さんが、合宿で千葉県にある佐原に訪れたときのことをレポートにまとめたものです。永森さんが佐原をどのように感じていたのか、わかるかもしれません。