卒業論文題目


平成15年度(平成16年1月提出)

修士論文

☆正徹本『徒然草』の本文研究

卒業論文

☆『源氏物語』地の文における和歌的表現の果たす役割――歌語や引き歌が頻出する箇所を中心に――

☆『源氏物語』中の自然描写――雪について――

☆源氏物語・空蝉論

☆中の君の人間像

☆「義経記」に於ける義経と弁慶の人物比較


平成16年度(平成17年1月提出)

卒業論文

☆源氏物語考察 源氏から導き出す女性たちの自立

☆『源氏物語』における夕霧の位置付け

☆和歌から見た崇徳院

☆徒然草にみえる家屋


平成17年度(平成18年1月提出)

卒業論文

☆衣装の描写における『枕草子』と『紫式部日記』の比較

☆『源氏物語』考――桐壺帝、源氏、薫の理想の女性像――

☆『源氏物語』夕顔・若紫・朝顔――呼称としての植物のイメージは何を表しているのか――

☆『平家物語』におけるそれぞれの死の美学と意識


※注意※
『枕草子』、『源氏物語』、『紫式部日記』など中古文学の卒論指導は、平成19年度より、呉羽教官が行います。
(但し、『伊勢物語』と平安後期文学は、田村教官が卒論指導を行います)