国際交流

海外留学情報

外国への留学を希望する人文学部学生の皆さんへ(海外留学情報)

留学とは?

 海外の大学で学ぶには、外国の大学との学術交流協定に基づく交換留学と、協定校以外の学校や語学学校で学ぶための留学があります。



1 交換留学(学術交流協定に基づく留学)について

 富山大学人文学部では、海外の大学と学生交流に関する協定を締結して相互交流事業を行っています。
 この協定に基づき、本学から協定大学に学生を派遣するのが、交換留学です。
 毎年10月(正規募集)と4月(追加募集)に留学希望者の募集を行っています。

 交換留学には、次のようなメリット・デメリットがあります。

 メリット
 1.協定校における授業料の不徴収(富山大学へは授業料を支払います)。
 2.休学しないので、3年次までに留学すれば、修業年限を延ばさずにすむ。
 3.正規募集で応募した場合、応募できる奨学金の種類が多い。
 4.交流実績のある大学に留学するため、さまざまなサポートを受けやすい。
 デメリット
 1.協定校以外の学校を選択できない。
 2.協定校の授業料が富山大学の授業料よりも安い場合、割高になる場合がある。

1-1 交換留学希望者の募集(掲示文)


1-2 留学の手続きについて


1-3 協定校について

 交流実績のある協定校には、次のような大学があります。

 アメリカ
  マーレイ州立大学
 ロシア
  ノヴォシビルスク大学
  モスクワ言語大学
 韓国
  国民大学校
  慶北大学校
 中国
  遼寧大学
  大連理工大学
  山東大学
  上海大学
 エジプト
  アシュート大学

  >> 各校別留学情報(体験記等)

2 交換留学以外の留学について

 上記の交換留学(協定校に留学する場合)以外に、富山大学を休学して海外の大学等に留学することができます。この場合も、留学先が大学・短大の場合は、富山大学の単位に認定されます。
 また、語学研修等で短期間外国の語学学校等で履修した場合も、単位を認める場合があります。
 海外の大学等で履修した単位の認定を希望する場合は、必ず渡航する前に所定の手続きをする必要がありますので、早めに指導教員や教務担当にご相談下さい。

2-1 富山大学を休学して留学する

 休学による留学には、次のようなメリット・デメリットがあります。

 メリット
 1.協定校に限定されず、留学先を広く選択できる。
 2.協定校の授業料が富山大学の授業料よりも安い場合、割安になる場合がある。
 デメリット
 1.応募できる奨学金の種類が、交換留学よりも少ない。
 2.休学するため、修業年限が延びる。
 3.富山大学と交流実績のない学校に行く場合もあるため、サポートを受けにくいことがある。

2-2 (短期)語学研修

 休業期間中などに、海外の大学等で語学研修を受けることができます。
 富山大学が主催する語学研修以外に、各種団体等で実施する語学研修に参加した場合でも、所定の条件を満たせば単位を認定できます。

相談窓口

 詳しくは、教務担当、各コースの国際交流委員、指導教員などに相談して下さい。