研究室探訪

中井 精一 教授(東アジア言語文化コース 日本語学分野)


<方言学へのまなざし>

中井 精一 教授
(東アジア言語文化コース 日本語学分野)
 同じことばの中にも、社会的な違いがあるもの(social dialect)や地域的な違いがあるもの(local dialect)などがさまざまに存在しますが、日本における「方言」という用語は、様々な違いのうち、できるだけ純粋に「地域差」にかかわる違いを取り出して考える場合に使われるものです。
 方言の捉え方には、「疲労する」ことを富山県では「ダヤイ」と言い、関西では「シンドイ」言うような、地域による言葉の違いに注目する観点と、各地域の言葉を、地域を超越した言語である共通語と対比する観点の二つがあります。 日本列島は、南北に長く、自然環境も多様で、さまざまな地域社会があり、その社会で形成されたさまざまな地域日本語である方言があります。方言学は、日本各地にある方言を、ひとつの体系をもった日本語の地域バリエーションとして捉え、地域社会の歴史や文化、習慣や民俗といった人の暮らしに関わる要素とともに考える研究分野です。

<ことばを研究するとは>
沖縄県伊良部島漁港にて魚名の調査
(調査風景)
 「言語」と「文化」はそれぞれヒトがヒトとして存在するうえで、根幹とも言える要件で、この2つは互いに深く関連しあっています。ある社会に特有のものの見方・考え方(文化)は、しばしばその社会の言語に刻みつけられていて、人はごく普通にことばを使用する中で、知らず知らずにその社会特有の見方や考え方をする癖がついていきます。
 ことばの研究をする言語学は、実験的であり臨床的です。それは理論のための理論の言語学では、人と人が会話を行なう現実の場面ではどうしても処理しきれない問題が残るからです。つまり、ことばが、居住地域、世代、男女、職業、民族といった属性と関連して様々な姿をみせるため、人がどのような地域で生育し、どのような言語を母語にするかによって、理解や反応に大きな違いのあることがわかっているからとも言えます。
 したがって方言を研究する場合は、人々が暮らすムラやマチに出かけて行き、その地域の暮らしの特徴やルールを観察し、ことばとことばを使用する人、人が暮らす社会とともに調査研究することが重要となっています。

<フィールドワークの魅力>

パラオにて「富山県方言番付」をもとに方言調査
(調査風景)
 はじめてのフィールドワークは、徳川宗賢先生や真田信治先生たちと出かけた紀伊半島の南端にある和歌山県田辺市でした。その後、国内だけではなく中国東北部や朝鮮半島、台湾、パラオなどに出かけてフィールドワークをしてきましたが、内陸には内陸の暮らしがあり、沿岸には沿岸の暮らしがあること。そして人々は、そこで、生き抜く知恵と文化をもっていて、その文化の違いが、ことばに色濃く反映していることを幾度となく感じました。
 また、研究室では、北陸地方およびこれに隣接する近畿・東海地方でのフィールドワークはもちろんのこと、青森県十和田市や山形県鶴岡市、千葉県銚子市や旧佐原市といった東北や関東の各地、また鳥取県岩美町や旧淀江町、島根県斐川町や高知県高知市といった中四国の各地、このほか福岡県の志賀島や熊本県菊池市、奄美大島の旧笠利町や沖縄県糸満市などにも学生たちとでかけ、現地に泊まり込んで調査をしてきました。
 知らない土地に出かけ、はじめて出会う人々にその土地の暮らしやその暮らしに結びついたことば(方言)を聞いてみると、自分がこれまで常識だと思っていたことがその社会では常識でなかったり、聞いたことや体験したことのないようなルールに驚くことがしばしばあります。自分の生まれた地域と違う社会に接すると、ルールや考え方の違いに違和感を覚えることもありますが、フィールドに出ることは、刺激と発見の連続で楽しさと感動に満ち溢れています。

<若い人へのメッセージ>
富山県砺波市での調査合宿
(集合写真)
 自分は、これからどんなふうに生きていけばいいのか。人のために社会のために何ができるのか。誰もが若いころ将来に対して漠然ともつ問いや不安があると思います。
 私たちの研究室では、方言の研究のために各地にフィールドワークに出かけていますが、それは、自分の目で見て、自分の耳で聞き、自分の鼻や舌、皮膚で感じ、確かめることが何よりも重要であり、この積み重ねが未来を生きるための自信にもつながると考えるからです。
 人文学部日本語学研究室には、フィールドワークによって培われた陽気で明るく、難しい課題にも積極的にチャレンジしていくような頼もしい学生たちで溢れています。次は、どこへ行って、どんな人に出会い、どんな話を聞き、どんな発見があるのか。私たちは、その発見をともにしてくれるような新しい仲間を待っています。

【略歴】
1962年奈良県生まれ。大阪外国語大学大学院修了。博士(文学)(大阪大学)。天理大学附属天理参考館(学芸員)を経て、1998年より富山大学人文学部に所属。主な著書は、『都市言語の形成と地域特性』和泉書院(2012年)、『社会言語学のしくみ』研究社(2005年)などがある。また最近の論文には、「民俗世界における食の地域性と方言圏―北陸地方の雑煮に注目して―」武田佐知子編『交錯する知 衣装・信仰・女性』思文閣出版(2014年)、「地域の和食(生き物を活かす知)がんもどき」『BIOSTORY』21号 生き物文化誌学会(2014年)がある。
 研究室HPのURL
 http://www.hmt.u-toyama.ac.jp/nihon/HP/HP%20top/framepage1.htm