富山大学人文学部比較文学・比較文化研究室(演劇活動)
2008年度第4回公演 イプセン『人形の家』






2008年度はノルウェーを代表する劇作家イプセンの『人形の家』を演題に選びました。
森鷗外訳と島村抱月訳の比較研究もしました。


↑クリックで解説冊子にジャンプ↑


↑新聞記事 クリックで大きな画像にジャンプ↑