言語学コースを志望する人のための情報

言語学コースで学べること

 言語学コースでは、教育研究分野として「言語学」「日本語教育学」を設けています。

「言語学」とは、世界中のあらゆる言語を対象とし、その音声・文法・意味・ことばと社会や文化とのかかわりなどについて、科学的に整理や考察を行う学問です。その成果は辞書の編纂、外国語教育や言語障害の治療などに応用されています。当コースで「言語学」を学ぶ学生には、ことばを科学的・客観的に捉える基本的な態度とそのための基礎知識を身に付けることにより、幅広く言語学の諸テーマの中から自分の関心に応じたテーマを見つけ、研究を行うことのできる環境を整えています。

「日本語教育学」は、日本語を母語としない人に日本語を教える上で必要とされる幅広い知識や考え方を育む学問です。日本語教育の仕事とは、日本語が話せればだれでもできるというものではなく、さまざまな分野の知識が必要なのです。当コースで学び、将来日本語教育に携わることを希望する学生には、その基礎となる言語学の知識に加えて、言語習得や言語教育法、異文化理解に関する授業など、日本語教師としての資質を高めるような環境を提供します。

 現在の教員の専門分野は、少数民族の言語のフィールドワークによる記録と研究、文字資料からわかる日本語の歴史、日本語教育における学習環境の研究や実際の会話の分析、言語音についての理論的・実験的研究など、そのデータの種類も方法論も多岐にわたっています。学生の幅広い関心に応えるべく、さらに、認知科学、哲学・思想、異文化研究や社会科学的な知見など人文学部の諸分野とも連携しつつ幅広い学生の関心に応えうる教育をめざしています。

1年生向けコース選択案内

【コース選択・進学定員と進学者決定について】

 言語学コースに進む可能性のある1年生は、ぜひ、後学期に開講される「言語学概論I」を受講してください。前学期の「人間科学入門」もおすすめです。7月・10月のコース選択に関するオリエンテーションのほか、これらの授業がコース選択の際にも参考になることでしょう。心配なことがあれば、個別に教員に相談してください。

 コース定員は12名ですが、この数を超えて受け入れることもあります。例年、選抜あるいは分野(言語学・日本語教育学)の決定のために、面接を行っています。面接の段階で専門的な知識は必要ありませんが、コースに進学したらどのようなことを学びたいか、具体的に考えておくことをお勧めします。

 なお、分野(言語学・日本語教育学)別の定員は決まっていません。コースに所属した後、関心の変化により言語学コース内で分野を変更することは可能です。 

【資格など】

 言語学コースを含む富山大学人文学部では、所定の単位を取得すれば中学校・高校の国語・英語・ドイツ語・中国語・社会科などの教員免許を取得することができます。

 また、所定の科目を履修することにより、「日本語教育学関係科目履修証明書」を卒業時に取得することができます。これは、日本語教育に役立つ内容の科目を履修したことを富山大学人文学部が証明するものです。制度上は言語学コースに所属しなくても取得することができますが、時間割の都合などでコース外の人が取得するのは実質的に難しい場合があります。この証明書の取得を目指す人は、1年生の時からオリエンテーションでの説明に注意していてください。
(日本語教育については、だれでも受験できる「日本語教育能力検定試験」(公益社団法人日本語教育学会認定)がありますが、「免許」のような意味での日本語教師の資格というものはありません。日本語学校などの就職先ごとに求められる学歴などの要件が異なっていますので、興味のある人は教員に相談してください。)

【卒業後の進路】

 就職する場合の業種は多様です。近年の卒業生は、教員や警察官などを含む公務員になったり、メーカー・金融機関・マスコミ・サービス業・小売業などに就職したりしています。進学先としては、富山大学大学院をはじめ、東京大学大学院、京都大学大学院、名古屋大学大学院、北海道大学大学院、広島大学大学院、金沢大学大学院などに進んだ例があり、その後、研究者や日本語教師となっている卒業生がいます。また、専門学校に進んで言語聴覚士として活躍している人もいます。

 

3年次編入試験案内

【3年次編入について】

 富山大学人文学部には、3年次編入の制度があります。この制度を利用できるのは、大学・短大・高専を卒業した(あるいは卒業見込みの)人と、大学に2年以上在籍して(あるいは在籍見込みで)62単位以上取得した人などです。3年生として入学し、通常は2年の修業期間で卒業します。

 言語学コースには、短大や他大学卒業見込みの人、大学2年生に在学中の人、現役日本語教師の社会人など、例年数人の志望者があります。多くの場合、限られた時間の中で意欲的に学習し、単位を修得して2年間で卒業しています。この2年間で卒業要件単位に加えて日本語教育学関係科目履修証明を得るための単位までそろえようとすると、かなりの努力が必要ですが、実現している人もいます。

【編入生定員について】

 編入生の定員は、1年生がコースを選択するときの定員とは別になっています。

【修得単位について】

 編入生として入学した場合、教養科目などの一部の単位が免除されます。さらに、入学以前に他の大学・短大などで取得した専門科目の単位の一部が、既修得単位として認定されることがあります。しかし、以前の専門分野によっては既修得単位として認定される科目が少なく、2年間で卒業要件単位をそろえるにはかなりの努力が必要な場合もあります。詳しくは,人文系教務支援グループ(076−445−6138)にお問い合わせ下さい。

【編入試験】

 言語学コースの専門科目の試験は、3年次から言語学コースの専門教育を受けて卒業研究を行えるか、その基礎的な学力と資質があるかを見るものです。2年間で卒業研究を仕上げるためには、幅広い基礎力を身につけるとともに、どのようなテーマについて掘り下げていきたいかを明確にしておくことも重要です。

  編入試験は通常、入学する前の年の10月に行われます。 詳しくは募集要項をご覧ください。

トップページへ戻る