大学院

思想・歴史文化領域

【哲学・人間学】

 哲学は,存在・認識・世界観などの諸問題を,主に西洋哲学の方法論にもとづいて歴史的文脈を踏まえながら,深く掘り下げて研究します。人間学の研究領域には西洋思想だけでなく日本・東洋思想も含まれ,過去から現在に至る倫理思想,宗教思想,社会思想に,さらに生命倫理やジェンダーなどの現代的課題にも取り組みます。

氏名
専門分野
研究内容
教授  永井 龍男 哲学 アリストテレスを中心とした古代ギリシア哲学
准教授 池田 真治 哲学 ライプニッツを中心とした近現代西洋哲学
教授  松﨑 一平 中世哲学史 古代末期・中世の西欧キリスト教思想
教授  田畑 真美 倫理思想史 日本倫理思想史,古代から近世の神道・仏教・儒学
准教授 澤田 哲生 現代哲学 メルロ・ポンティを中心とした現象学的人間学

【歴史文化】

 日本をはじめ世界における歴史事象の様相を究明し,現代に要請される歴史認識を確立するため,4つの専門に分かれて実証的な研究を進めます。古文書など史料の解読に重点をおく日本史,東アジアを中心に中央・西アジアも対象に含める東洋史,欧米文化の及んだ地域を広い視野で探求する西洋史,遺跡や遺物を手がかりに過去の文化と社会背景を探る考古学において専門研究の深化と体系化をめざします。

氏名
専門分野
研究内容
教授  鈴木 景二 日本史 古代社会文化史,立山信仰と北陸地域の歴史
准教授 熊谷 隆之 日本史 日本中世史,鎌倉時代の支配体制,古代・中世の荘園
教授  澤田  稔 東洋史 イスラーム時代の中央アジア・西アジア史
教授  徳永 洋介 東洋史 宋元時代の政治と法制
准教授 入江 幸二 西洋史 西洋近世史,スウェーデン史
准教授 南  祐三 西洋史 西洋近現代史,フランス史
教授  次山  淳 考古学 弥生時代から奈良時代の遺構と遺物
准教授 髙橋 浩二 考古学 日本考古学(弥生時代から古墳時代)

【国際文化論】

 主として「環日本海」諸地域(日本・中国・朝鮮・ロシア)の文化とアメリカ文化の諸相,およびこれらの諸文化間の交流と受容について,異文化理解の視点から研究します。具体的には,思想,歴史,文学,カルチュラル・スタディーズなどの多様な手法を用いますが,これまでの文化潮流のなかで主流とは見なされてこなかったマイノリティーの文化やサブカルチャーも研究対象としています。

氏名
専門分野
研究内容
教授  吉田 俊則 ロシア文化論 17・18世紀ロシアにおける異文化受容
教授  鈴木 信昭 朝鮮文化論 朝鮮における西洋文化の受容
教授  末岡  宏 中国文化論 近代中国思想史,近代東アジアの伝統思想
教授  齊藤 大紀 中国文化論 1920・30年代を中心とした中国現代文学
准教授 青木 恭子 ロシア文化論 ロシア帝国の拡大と国内移住
准教授 小野 直子 アメリカ文化論 アメリカ医学史
准教授 福家 崇洋 日本文化論 日本近代社会思想史・社会運動史