目次

5.教育姿勢

上保敏(朝鮮語学)

 朝鮮語や朝鮮文化について,文献資料や野外調査などに基づいて客観的に学んでいきます。

 単なる朝鮮語運用能力の習得にとどまらず,これらを大学で学問として学ぶ意義を鑑みて,文献資料の読解・分析能力,また野外調査の方法論等を身につけてもらいたいと思います。

和田とも美(朝鮮文学)

 朝鮮半島を専攻する際に好嫌の感情は不要です。現実の事象を冷静に分析する姿勢を養います。実際に韓国を訪れ,そこで学ぶことで,現実の韓国をきちんと知る姿勢を養います。

 現代韓国を含む朝鮮語に基づく文化一般を対象としますが,日本で流通する韓国風のものについて勉強するところではありません。