講座・コース案内 <歴史文化講座>

歴史文化コース
コース制作ページへ

 歴史文化コースは,歴史への興味や探求心を原動力に,奥が深く高度の専門性をもつ歴史学研究をめざすコースです。授業はコース共通の講義のほか,各分野のスタッフが最先端の研究成果を踏まえて演習や実習などを指導しています。
 日本史分野では近代歴史学の理論と方法を踏まえ,日本全体ないし諸地域の歴史,あるいは列島と列島外の諸地域の交流の歴史などについて実証的な研究を行います。史料の解読に重点を置いた授業が多く,独自の歴史像を盛り込んだ卒業論文の提出が求められます。
 東洋史分野は東アジアだけでなく西アジアや中央アジアも視野に入れています。東アジア前近代における普遍的言語である漢文の習得に努め,碑文・古文書・美術資料・実地調査なども活用します。旧来の枠組みを超えた世界史的視野を持つ人材を育成しています。
 西洋史分野では欧米の影響の及んだすべての時代・地域の歴史を研究します。文化人類学や地理学などの関係する学問の成果も利用しつつ,広い視野で研究をすすめています。欧米の歴史や文化に興味のある人なら,西洋史から多くの知的刺激を得られるでしょう。
 考古学分野では遺跡や遺物を手がかりに,過去の人類の生活や技術,文化,交流,社会などを研究しています。扱う時代は旧石器時代から近世までが中心です。本分野では,主に日本の考古学について学ぶことができます。文化財の専門職員や学芸員等に必要な調査技術及び専門知識の習得を目指して,フィールドワークや実習などの授業にとくに力を入れています。

 
教育研究分野
教員名
日本史
分野制作ページへ
教 授:鈴木 景二

日本古代の社会文化史が専門。近年は交通論・史料論に取り組み,文献による研究と共に,各地へ赴き景観・遺跡・遺物を調査しています。また,立山信仰や北陸地域の歴史も研究しています。

准教授:熊谷 隆之

日本中世の政治・社会史が専門。鎌倉幕府の支配体系をはじめ,古代・中世の荘園・村落や,古文書学の再検討に取り組むとともに,鎌倉幕府の政治史をめぐる通説と格闘しています。

東洋史 教 授:澤田 稔

イスラーム時代の中央アジア・西アジアにおける,政治と宗教との関わりを中心に研究しています。聖者廟についてのフィールドワークもすすめています。

教 授:徳永 洋介

宋元時代を中心に,中国社会の特質を法制の分野から考えます。特に異民族支配が法の継受と変容に果たした役割が,現在の主要なテーマです。

西洋史
分野制作ページへ
准教授:入江 幸二

スウェーデン史が専門です。現在は,北方戦争(1700~21年)の時代を中心として,戦争と社会の関係や財政のあり方について研究しています。また,近世の宮廷絵画や現代の音楽にも注目しています。

准教授:南 祐三

フランス近現代史が専門です。ナショナリズムやファシズム、反ユダヤ主義などが主要な研究テーマです。さらに「メディアと戦争」、「権力と民衆」といった視点にも注目しています。

考古学
分野制作ページへ
教 授:次山 淳

考古学が専門です。弥生時代から古墳時代への社会の変化を,主として土器を材料に研究しています。飛鳥・奈良時代のさまざまな遺跡や遺物についても関心を持っています。

准教授:高橋 浩二

日本考古学が専門で、古墳の調査・研究や古墳時代の地域間関係について研究をしています。その他に、縄文時代から古墳時代のヒスイ製品などについて研究をしています。