講座・コース案内 <東アジア言語文化講座>

東アジア言語文化コース

 本コースは,日本語学・日本文学・朝鮮言語文化・中国言語文化の4つの教育研究分野から成っています。そして,日本・朝鮮・ 中国を中心に,伝統的な学問研究を重視しながら,現代的な視点からも一層の解明を行います。
 日本語学では,日本語の歴史やフィールドワークをもとにした現代日本語の構造を学習します。日本文学では,主要な作家・作品を取り上げて,日本文学の特質や形成発展・受容の問題などを学習します。朝鮮言語文化では,朝鮮語の確実な習得に努め,文学と言語学を中心に,歴史学や民俗学的な方法論も積極的に参照しながら,朝鮮の文化について考察します。中国言語文化では,中国語の習得を基礎として,漢文の枠を越え,古典文学・文字学・音韻学・現代文学などの領域から,その性格の解明を目指します。
 4つの教育研究分野のいずれかを中心に学びながら,個別の研究とともに,東アジア全体を視野に入れた研究を行うことができます。

教育研究分野
教員名
日本語学
分野制作ページへ
教 授:小助川 貞次

自言語による古典語文献読解の特殊性と普遍性を解明するために,現在は,日本,中国,韓国,ベトナムに残されている漢文文献を主要な材料として研究しています。

教 授:中井 精一  個人制作ページへ

関西及び北陸地方を中心にフィールドワークをおこない,社会の変化がことば(地域日本語)をどのように変えていくのかについて,方言学や社会言語学の視点から研究しています。

日本文学
分野制作ページへ
教 授:呉羽 長

平安時代物語の研究。特に源氏物語がどのように創作されていったかに着目しながら,この作品のもつ多様な価値を明らかにしようとしています。

教 授:田村 俊介   個人制作ページへ

『徒然草』『平家』など中世文字。特に,従来近世に入って爆発的に流布したとされていた『徒然草』の,中世における享受について。『白露』という世に知られていない物語など,『徒然草』の真骨頂を的確に理解している点など論述しています。

准教授:小谷 瑛輔

芥川龍之介を中心に近現代文学を研究しています。語りの構造,同時代言説,外国文学の日本文学への受容など,幅広い問題に関心があります。

朝鮮言語文化
分野制作ページへ
准教授:和田 とも美

20世紀前半の朝鮮半島で小説が人々の精神生活にどんな役割をしていたのかを探っています。これまで名作と評価されたものだけではなく,当時流行っていたような作品の発掘も目指しています。

准教授:上保 敏

朝鮮語学,特に,朝鮮語の形態論・統語論,またそれらの体系の歴史的な変遷について関心を持って研究をしています。

中国言語文化
分野制作ページへ
教 授:磯部 祐子

白話の文字(小説や戯曲)を中心に,その成立,アジア諸国への影響などに関心をもっています。また,今日の地方劇再興についても関心を寄せています。

教 授:森賀 一恵

中国語学(文字学・訓詁学),特に古代中国語の語法と意義解釈の手段としての音注に興味を持っています。

教 授:大野 圭介   個人制作ページへ

先秦両漢時代を中心とする中国古典文学の研究。最近は先秦の経書や諸子百家などの文献をもとに文学の発生について考えています。

准教授:梁 有紀

現代中国文学の研究。とくに1940年代の都市上海で活躍した女性作家,張愛玲(1920-95)を中心に研究しています。