入学者受入方針 ▷教育課程編成方針 ▷学位授与方針 

 

人文学部 入学者受入方針

 人文学部は人類の精神的遺産を発展的に継承し,人間についての深い洞察力をもって地域社会および国際社会に貢献する人材を育成します。学生が国内外の現代的諸問題に対応できるように,深い専門知識と幅広い教養,豊かな人間性と国際感覚が身につく教育を行います。

求める学生像

  • 人文学を幅広く,深く学ぶために必要な基礎的能力をもっている人
  • 人文学諸分野に知的関心をもち,人間についての理解を深めたいと考えている人
  • 異文化を理解し,多文化共生社会の中で他者と豊かな関係を築きながら自己の成長をめざす人
  • 柔軟な思考力,幅広い視野と国際感覚を身につけ,地域社会や国際社会に貢献する市民となることをめざす人

大学入試までに身につけておくべき教科・科目等

 人文学部が行う入学試験は,志願者が上記「求める学生像」に合致した人であるかどうかをみるものです。大学入学までに,さまざまな教科と科目について偏りなく学習しておくことが必要です。

一般入試(前期日程)
  • 大学入試センター試験では,国語,地理歴史・公民,数学,理科,外国語を課して高等学校卒業レベルの基礎学力を評価し,人文学部での学修に関連する科目について理解力と応用力を広く備えた人を選抜します。
  • 個別学力検査では「国語」と「外国語」を課し,人文学部で学ぶために必要な読解力と表現力をみます。
一般入試(後期日程)
  • 大学入試センター試験では,国語,地理歴史又は公民,数学,理科,外国語を課して高等学校卒業レベルの基礎学力を評価し,人文学部での学修に関連する科目について理解力と応用力を備えた人を選抜します。
  • 個別学力検査では「小論文」を課し,論理的思考力と文章表現力をみます。
特別入試
 (推薦入試)
  • 大学入試センター試験では,国語,地理歴史又は公民,外国語を課して高等学校卒業レベルの基礎学力を評価するとともに,上記の「求める学生像」にふさわしい人を選抜します。
  • 「小論文」を課し,論理的思考力と文章表現力をみます。
 (帰国生徒入試)
  • 「外国語」と「小論文」を課し,人文学部での学修に必要な読解力や論理的思考力,文章表現力などをみます。その他に,「面接」で志望動機・学習意欲なども評価します。
 (社会人入試)
  • 「外国語」と「小論文」を課し,人文学部での学修に必要な読解力や論理的思考力,文章表現力などをみます。その他に,「面接」で志望動機・学習意欲なども評価します。
私費外国人留学生入試
  • 日本留学試験では「日本語」「総合科目」「数学(コース1)」を課し,日本語力,論理的思考力及び数学の基礎的学力を評価します。なお,出題言語は日本語を指定します。
  • 「小論文」と「面接」を課し,「小論文」では日本語による文章読解力及び表現力・論理的思考力,「面接」では志望動機・学習意欲などを評価するとともに口頭による日本語運用能力をみます。


教育課程編成方針

人文学部学位授与方針を受けて,次のような方針で教育課程を編成しています。

  • 様々な観点から人間に対する理解を深め,自立した市民として現代を生き抜く知見を身につけるために,人文学の入門科目とともに教養科目を提供します。
  • 多様な集団・組織の中で,意志の疎通を図り,豊かな人間関係を築きながら自己を成長させていくことができるように,基礎ゼミナール,演習,実習・実験等の専門科目とともに共通基礎科目を提供します。
  • 社会の中で自分の果たすべき役割を認識して積極的に行動し,また,他者に対する責任も果たすことができるように, 演習,実習・実験等の専門科目を提供します。
  • 人文学の研究を通して人間のあり方を探求するとともに,ものごとを多面的にとらえる柔軟な思考力,幅広い視野と国際感覚を身につけた市民・職業人として行動することができるように, 講義,講読,演習等の専門科目を提供します。
  • 人文学研究に必要な基礎的スキルを習得し,人間や社会に対する深い洞察力や諸事象を多面的にとらえる柔軟な思考力を身につけ,新しい知見や価値を生み出せるように卒業研究指導をします。

学位授与方針

・創造力

 人間や社会にかかわる課題を発見し解決に導くために調査,分析し,思考,表現する力を身につけている。

・責任感

 異なる背景を持つ人々との協働の中で,責任ある行動を取ることができる。

・コミュニケーション能力

 異文化コミュニケーション能力を含め,他者と的確に情報を共有し発展させるスキルを持つ。

・幅広い知識

 人文科学,社会科学,自然科学の諸分野を総合的にとらえる視野を身につけ,多文化共生社会を文化的かつ健康的に生きることができる。

・人文学に関する専門的知識

 人文学の知の遺産を継承し,文化的多様性と歴史性をふまえた人間と社会についての深い洞察力を身につけ,現代的課題に対処することができる。