Willkommen in 
Nobuko Miyauchis Wunderkammer!
宮内伸子の「驚異の部屋」へようこそ。
ドイツ文学の魅力的な片隅へご案内します。
eingang
←EINGANG(入口)
*Wunderkammer は直訳すると驚異の部屋ですが、珍品収集室とか陳列室とか訳されることもあります。16、17世紀の王侯のコレクション陳列室がしばしばこの名で呼ばれていました。ちなみにグリムの辞書では Wunderkammer を Raritätenkabinett (希少価値のある物や珍品の陳列室の意)と言い換えて説明しています。

また、2002-2003年にかけて「マーク・ダイオンの〈驚異の部屋〉」という展覧会が開催され(於:東京)、それがたいへん印象的だったことも、このホームページを「驚異の部屋」と名づけることにした理由の1つです。
ドイツ言語文化のトップへ
ヨーロッパ言語文化コースのトップへ
人文学部のトップへ
富山大学のトップへ

Copyright(C) 2004-2015 MIYAUCHI Nobuko

開  設  日 2004年9月9日
最終更新日 2015年2月24日(管理人室に、昨年発表した論文「終助詞はどのように訳されているか:山田太一のファンタジー三部作のドイツ語訳を手がかりに」が入りました)

miyauchiあっとhmt.u-toyama.ac.jp
(スパムメール対策のため
をかなで記載してあります。メールご送信の際には記号にお戻しください)